美白化粧品選びのポイント

「美白」…それは、女性にとっては永遠のテーマ。
一昔前は肌が黒いのも流行ったりしましたが、やはり肌が白くてキメ細かい肌は、肌年齢をマイナスにしてくれるポイントではないでしょうか。
でも、美白化粧品の数の多さにどれを基準に選んだらいいのか迷いますよね。
ここでは、肌の悩み別に美白化粧品選びのポイントをご紹介します。

悩むの女性まずは、美白化粧品をどのような目的で使いたいのかを明白にしましょう。
例えば、出来てしまったシミに対して使うのか、これから出来るかもしれないシミに対して使うのか、それによって選ぶ成分が違ってきます。
出来てしまったシミに有効な成分はビタミンC誘導体です。ビタミンC誘導体は、メラニン色素の生成を抑制するだけでなく出来てしまったシミやソバカスを消したり、薄くしたりする効果があります。

次に、シミ予防対策として美白化粧品を使う場合には、ビタミンC誘導体はもちろん、アルブチン、コウジ酸、ルシノール、プラセンタエキス等が配合された美白化粧品を選びましょう。これらの成分は、シミやくすみの原因になるメラニンを作らない働きがあります。

せっかく美白化粧品を使っていても、自分の目的と違う化粧品を使っていては効果も半減です。
自分の悩みに応じた美白化粧品選びが最重要ポイント!
自分の肌トラブルに応じた化粧品を使っているか、今一度確認してみましょう。

もうひとつ、気をつけたいのが、ワキや二の腕などの黒ずみ。夏になると、肌の露出が増えるため、顔以外の美白にも気を使いたいところですね。こうした体の部分は、顔と違って脱毛が効果的です。家で無駄毛処理を繰り返しているとどうしても色素沈着を引き起こしてしまい、徐々に肌が黒ずみます。ですので、TBCなどのエステで脱毛をするとカラダの美白を得られるメリットもあるのです

TBCは、痩身や美顔などをイメージをされるかもしれませんが、脱毛も人気商品のひとつ。TBC脱毛の効果を体験できるのが、こちらのコースです。しかも、料金は脱毛専門サロンと同じ料金ですので、どうせならワンランク上のエステで脱毛を体験してみてください。

シミとメラニン

そんな自分に合った美白化粧品を選ぶ上で、ちょっと頭に入れておきたいのがシミとメラニンの関係です。
メラニンと言えば、シミの素になる憎いヤツ!!って感じで目の敵にされがちですが、実はこのメラニン、肌にとってはとても重要な役割を担ってくれているのです。

消えていく細胞紫外線が肌にあたるとメラノサイトとから肌を守るためにメラニンが生成されます。
そうなんです、実はメラニンは肌を紫外線から守るために生成されるのです。
もし、このメラニンが肌表面を守ってくれなかったらすぐに紫外線で肌は真っ赤になり、皮膚がんになる人も続出してしまいます。メラニンは美白の天敵と思われがちですが、実は肌を守ってくれているのです。

そして、肌の細胞は新陳代謝を繰り返しながら肌表面へと押し上げられていくわけですが、何らかの理由で新陳代謝が上手くいかないと、肌表面にシミが残ったままになり、これが定着してしまうと美白に大敵なシミと化します。
肌を守る為のメラニン、でも新陳代謝が上手くいかないと忌み嫌われる存在のシミになる。難しいですよね。

また、シミの原因は紫外線だけではありません。大人ニキビの跡が残ってシミになる場合もありますし、外部からの刺激、例えばクレンジングや洗顔後ゴシゴシタオルで拭く、力強く化粧水をパッティングする等もシミの対象になってしまいます。
また、ストレスからシミが生成される場合もあります。意外に思うかもしれませんが、精神状態はすぐに肌表面に表れます。

ページのトップへ戻る